タグ:ベトナム ( 4 ) タグの人気記事

友人のmayukoさんから、「ベトナムでHoa Van Tho」という花を撮ってきてくださいと言われていました。
どんな花かとハノイのホテルの方に訪ねると、「私もあまり詳しくなくて・・・」とGoogleを検索(笑)
出てきた写真はマリーゴールドのよう。そっか、って簡単に納得していて言葉の意味を聞き忘れていたのですが、今日mayukoさんから「千年の花」という意味ですよ、とコメントに書き込みをいただきました。

そうだったんですね! お年寄りにプレゼントする花だとか。

さて、それではとハノイでマリーゴールドを探したのですが、見つけられません。
9月はもう秋なので(気温は30℃以上ありますが)、街中の公園でもキバナコスモスなどの秋の花が植えられていて。マリーゴールドは夏の花だしな~。

マリーゴールドだと思って撮った写真がこれなのですが、よく見たらこれ菊じゃないですか!
あちゃー。
でも、マリーゴールドより菊のほうが、「千年」な感じがしますよね。
うーん、何が正しかったんでしょうか~。現地に行ったのにわからずじまいですみません。
a0110898_0341955.jpg


奇しくも、ハノイは今年成都千年を迎えるそうです。そのためいろいろなイベントが催されているようで、街のあちこちで舞台を作ったりライトを設置したりと、なんだかにぎやかな感じでした。
[PR]
by cactusflower | 2010-10-05 00:35 |
ベトナムの人口構成比はおおよそ、0-14歳 26%、15-64歳 68%、65歳以上 6%。
労働人口の多さは、国の近代化・工業化に大変有利であり、この人口構成は60年代の高度成長期前の日本と酷似しているそうです。

ハノイ郊外には日本や欧米の有名メーカーの工場が立ち並び、ダナンの海岸沿いではリゾート開発が延々と続いていました。日本で報道される通り、この国の経済はまさに行け行けゴーゴーな感じだな~、と実感しました。

ずいぶん景気がよさそうなので、さぞかし雇用も確保されているのかと思いましたが、現地の方に伺うと「ベトナムは若者の数が多すぎで、なかなか仕事がいきわたっていない」ということでした。

ハノイのような大都会には、近隣の農村から職を求めて若者が大量に流入していて、なかなか満足な仕事に就けない若者も多いということで、そのため、スリやひったくりなどの軽犯罪が増加しているのだというお話でした。
社会主義国でありながら、やはり経済格差は存在しているのでしょう。

ともあれ、高齢者が増え続け社会のお荷物になっていく日本と比べれば、若年層が多い国というのは、まだ未来への希望があるように思います。

さて、ハノイで見かけた未来を担う子供たち。みんな明るく元気いっぱいでした。

a0110898_236585.jpg
a0110898_2371098.jpg
a0110898_2371810.jpg


帰国前夜、ホテルに帰ってみるとホテルの前の路地がやけににぎやかでした。
”Festival for children"とホテルのスタッフが説明してくれました。
どうやら、日本でいえば町内会の子供会みたいなものでしょうか? マイクを持ったおねえさんが子どもたちを盛り上げて、みんなで歌を歌ったりゲームをしたり、最後はお土産の袋菓子か何かをもらって帰るようです。

a0110898_23141389.jpg


印象的だったのは、そんな子どもたちを近所のおじさんやおばさん、あるいは20代くらいのおにいさん、おねえさん、みんなが嬉しそうに眺めていること。
地域全体で子どもたちの成長を見守っている、そんな感じが伝わってきました。
[PR]
by cactusflower | 2010-09-23 23:14 |
ベトナムというと、まず連想するのが「ベトナム戦争」って時代錯誤でしょうか?
子どもの頃、リアルタイムでニュース映像を見た記憶がおぼろげにある世代にとって、ベトナム戦争は強烈な印象として残っています。
70年代後半から80年代にかけてのアメリカ映画、ロバート・キャパや沢田教一の写真などからもずいぶん刷り込まれてしまいました。

でも、戦争終結から35年、今のベトナムには戦争の痕跡などどこにも残っていないように見えました。

ハノイの空港に着陸する前、飛行機の窓から見えたのは広々とした田畑の広がる田園風景。
水田や畑の中を、大小の川がくねくねと流れ、水面がキラキラしていました。

街の中ではぴかぴかのおいしそうな野菜や果物がふんだんに並べられていました。
温かい土地なので、米は二期作で作っているそうです。
南北に細長い国土は海に広く接しているので、海産物も豊富なようです。
豊富な水と肥沃な土地に恵まれた、豊かな国なんですね。

a0110898_22385137.jpg

a0110898_22391173.jpg


ハノイで泊ったホテルは、「旧市街」と言われるエリアにありました。
細い路地が迷路のように入り組んでいて、間口が狭く奥行きの深い伝統的な作りの家が、びっしりと連なっています。
外国人観光客も大勢訪れ、観光客向けの店もありますが、ほとんどは地元の人向けの店や食堂。
普通の人々の普通の暮らしがそこかしこに見られ、とても面白い場所でした。

a0110898_22445375.jpg

a0110898_22513522.jpg

a0110898_2245869.jpg


ハノイは細い道でも街路樹が植えられているところが多く、木漏れ日がとてもきれいです。
でも、バイクの数が半端ではなく、みんなクラクションを平気で鳴らすので、その音と排気ガスには閉口しました。
[PR]
by cactusflower | 2010-09-22 22:45 |
本日、ベトナムより帰国しました。
旅の前半は白い砂浜の続くビーチリゾートでのんびりと過ごし、後半は活気あふれる街ハノイへ。

日常を離れて異国情緒に浸り、つかの間の休暇を楽しむことができました。

a0110898_2332752.jpg
a0110898_23321817.jpg
a0110898_23322968.jpg


上の2枚は、ハノイから空路1時間ほどのダナンから車で40分ほど、世界遺産に指定されているホイアンという古い街です。
[PR]
by cactusflower | 2010-09-21 23:32 |