ほろ苦い人生

ジェフ・ブリッジスがアカデミー賞主演男優賞をとった「クレイジーハート」を観た。

ジェフ・ブリッジスといえば、私の中では「ダメ男をやらせたら天下一品!」の俳優。
ファビュラス・ベイカー・ボーイズ、フィッシャー・キング、ビッグ・リボウスキ、ドア・イン・ザ・フロアー、こうやって観た映画を並べてみるとどれもこれもダメっぷりのかっこいい映画だった。

で、今回のこの映画。ダメ男も老境にさしかかり、悲壮感すらただよう磨きのかかったダメっぷり。
「アカデミーとれてよかったね」の大熱演。
しかし、あまりに地味で堅実なストーリー展開がちょっとさみしかったなぁ。
エンディングも希望を見せながらも、少々ほろ苦い。

その辺が「大人の映画」なのかもしれないけれど。
この映画に共感するには自分はまだ若すぎると思いたい。

a0110898_23493923.gif


映画館に飾ってあった、ジェフのサイン入りのギター。
映画で使われたのと同じモデルということ?

そうそう、ニューメキシコやテキサスの「アメリカらしい」風景と音楽はよかった。
[PR]
by cactusflower | 2010-06-13 23:50 | 映画